20世紀の名指揮者達





  ヴァント  1912〜2002  WAND  B(ブルックナーファンはS)  ドイツ

1912年に生まれながらも、21世紀まで生きたヴァントは、指揮者の歴史上、類をみない  ほど大器晩成型の指揮者でした。  何しろ、手兵、北ドイツ放送響との演奏が高い評価を受け始め、世界の表舞台に出たのが齢7  0代〜80代の時で、その後ベルリン・フィルとのブルックナーの演奏が絶賛を浴びたのが9  0歳近くでした。この時点でクラシックの歴史上最高のブルックナー指揮者の名を欲しいまま  にし、一連のベルリン・フィルとのブルックナーの演奏が発売直後に「伝説化」されました。  同じ頃、ベートーヴェンブラームスなどのドイツものも高評価され、超一流の仲間入りをし  た、と思っていたら、数年のうちに亡くなってしまいました。  実際に世界の超一流の評価をされたのは10年ほどなのですが、その間に録音したCDは、ブ  ルックナーを含め、ほぼすべてが第1級の評価を得ています。ドイツのミュンヘン・フィルや  北ドイツ放送響との最晩年のブルックナーの録音も、RCAレーベル以外から発売されていま  すので、興味のある方はどうぞ。私は、やはりベルリン・フィルというオケのおかげがあるの  か、RCAとの国内盤が最高だと思っています。  90歳近くになって、ようやく自分の打ちこんだものが評価された世界。あえて挙げれば、ヨ  ッフムと同様、ひたすらドイツで、ドイツ音楽の研究に年月を費やしたタイプの指揮者でした。  こういう超晩成の音楽家が育つ土壌がドイツにはあるのかもしれません。  ヴァントは主にブルックナー指揮者ですが、ひたすらスコア(総譜)を読み込んで、緻密な音  楽を創り出します。決してこれといった芝居をうつタイプではありませんが、その適切なテン  ポ設定、音の強弱などを、徹底したリハーサルによってステージにもってくるタイプです。こ  れも、長年のスコアの読み込みの産物なのでしょう。ブルックナーの音楽を聴くにあたっては、  聴き手が、音楽を自然な形で呼吸し、受け容れることがとても重要な要素となります。ヴァン  トの演奏にはその普遍性があります。  いわく「お手本となるものが無かったために、ひたすらスコアを研究するしかなかった」との  ことです。ドイツの精神主義の音楽を、自らの眼で解釈し、音楽化するには、途方もない労力  が必要となったに違いありません。同じタイプのヨッフムもブルックナーに名演を残しました  が、ヴァントはそれ以上に、考えに考えた末の成果のブルックナーの音楽表現と、ベルリン・  フィルという最高の名器を得て、クラシック史上最高のブルックナーの録音を遺しました。  ベルリン・フィルとのブルックナー録音は、ほぼすべてが各作品の最高の評価を得ています。  とはいえ、誰もが100%絶賛、という訳ではなく、彼の緻密な演奏を息苦しく感じる方も中  にはいらっしゃるでしょうから、好みに合うかを試す意味でも、ブルックナーを鑑賞する上で、  ヴァントの演奏を聴かずにはいられないでしょう。  また、彼のブルックナーがいかに素晴らしいとは言え、さすがにブルックナーだけでは対象が  ごく一部の上級者に限られてしまいます。  ブルックナーだけではなく、ベートーヴェン、ブラームス、モーツァルトシューベルトでも  評価の高い名盤がありますので、円熟の境地に達した演奏を堪能するのもいかがでしょうか。
ブラームス「交響曲第1番」第1楽章
 ☆推薦盤☆  ・シューベルト 交響曲第9番/ベルリン・フィル(95)(RCA)        B  ・ブラームス  交響曲第2番/北ドイツ放送響(96)(RCA)         A   ・ブラームス  交響曲第3番/北ドイツ放送響(95)(RCA)         A  ・ブルックナー 交響曲第3番/北ドイツ放送響(92)(RCA)        SS  ・ブルックナー 交響曲第4番/ベルリン・フィル(98)(RCA)       SS  ・ブルックナー 交響曲第5番/ベルリン・フィル(96)(RCA)       SS  ・ブルックナー 交響曲第7番/ベルリン・フィル(99)(RCA)       SS  ・ブルックナー 交響曲第8番/ベルリン・フィル(01)(RCA)     S↑SS  ・ブルックナー 交響曲第9番/ベルリン・フィル(98)(RCA)       SS   <緻密><ドイツ音楽○><ブルックナー◎>
  クリュイタンス  1905〜1967  CLUYTENS  B  ベルギー

 クラシック音楽の本場はドイツとオーストリアで、それに続くのが、イタリア、フランス、ロ  シアあたりです。フランス出身の作曲家は、ビゼーラヴェルドビュッシー、フォーレあた  りで、あまり一般の方には馴染みがないのですが、「エスプリ」と呼ばれる優雅な音楽は他と  区別されています。 フランス音楽の指揮者の大家といったら、モントゥーデュトワなどの名前が挙がりますが、  実際にラヴェルなどのCDの評価でいえば、断然、このクリュイタンスです。ベルギー出身な  がらフランスで活躍した指揮者です。  フランス出身の指揮者は数多く、フランス音楽の筆頭であるラヴェルを皆得意としていますが、  ラヴェルはもちろん、フランス音楽の演奏において、このクリュイタンスの右に出るものはい  ないでしょう。20世紀に録音が可能になってから、指揮者は数え切れないほどいますが、フ  ランス音楽のスペシャリスト、CDの評価が飛びぬけて高いのはクリュイタンスなのです。  名盤の数こそ少ないですが、これという演奏、特にフランスの作曲家の作品の演奏は、誰も及  ばぬSS級の超名盤ばかり。あくまで音楽評論家による評価ではあるとは言え、これは凄いと  しか言いようがありません。まさにスペシャリスト系指揮者の代表格です。  レパートリーは、実際はむしろ幅広いのですが、ここでご紹介している指揮者の中では、世界  的知名度の点でかなり下位です。カラヤンのように「何でも屋」ではないからなのでしょうか。  なお、ベルリン・フィルにも客演指揮者として招かれていますが、ベルリン・フィルとして初  のベート−ヴェンの交響曲全集の録音を行ったのは、フルトヴェングラーでもカラヤンでもな  く、クリュイタンスでした。
ラヴェル「ダフニスとクロエ」第3部「パンの神とニンフの祭壇の前」
 ☆推薦盤☆  ・ビゼー 「アルルの女」第1&第2組曲/パリ音楽院管弦楽団(64)(ワーナー)SS  ・フォーレ レクイエム/パリ音楽院管弦楽団(62)(ワーナー)        SS  ・ラヴェル ボレロ/パリ音楽院管弦楽団(61)(エラート)          SS  ・ラヴェル 「マ・メール・ロア」全曲/パリ音楽院管弦楽団(62)(エラート) SS   <フランス音楽◎>
  クーベリック  1914〜1996  KUBELIK  B  チェコ

 クラシック音楽の本場はヨーロッパで、まずはドイツとオーストリアです。それに次ぐのがイ  タリア、フランス、ロシア、イギリスあたりです。その次に来るのが、北欧やスペイン、そし  て現在のチェコあたりの民族色が強い東欧の音楽(当時とはだいぶ国名が違います)です。  チェコ生まれのクーベリックは、民族色が濃い音楽のスペシャリストと言える存在です。地味  な存在ですが、これらの音楽を振らせたら、右に出るものはいないと言ってもいいほどです。  チェコ・フィルハーモニーの首席指揮者でしたが、チェコの政治的内紛により、祖国を追われ  ることとなってしまいました。アメリカに渡ったものの、多民族国家のアメリカでは音楽観が  合わずに結局ヨーロッパに戻ることとなり、クーベリックほど運に恵まれなかった指揮者も少  ないと言われています。  その後ドイツで18年間、バイエルン放送響を手兵として活躍、ブラームスモーツァルト、  マーラーなどのドイツ、オーストリア系の音楽も好評を博し、ようやく、ヨーロッパでその名  を高め、成功するに至りました。CDではモーツァルトの交響曲が秀逸の名演です。  1986年に指揮者を引退しましたが、89年にチェコで民主化革命がおこり、翌年、首都プ  ラハで「プラハの春」音楽祭が行われた際に、チェコ出身の指揮者の象徴として再びチェコ・  フィルを振ることとなりました。この記念碑的行事ではスメタナの「わが祖国」の歴史的名演  を行い、チェコ・フィルの終身名誉指揮者となりました。  残念なのは、アメリカに渡ってからは、引退後に「プラハの春」音楽祭で再びチェコ・フィル  を振るまでに、同オケの常任指揮者として録音を残せなかったことです。  バイエルン放送響との録音などを考えても、更に名盤の数が増えていたのは明らかでしょう。  
「プラハの春」音楽祭の模様
 ☆推薦盤☆  ・ウェーバー 魔弾の射手/バイエルン放送響(79)(デッカ)           S  ・シューマン 交響曲第3番「ライン」/バイエルン放送響(79)(SONY)    A  ・スメタナ わが祖国/ボストン交響楽団(71)(グラモフォン)         SS  ・ドヴォルザーク 交響曲第8番/ベルリン・フィル(72)(グラモフォン)     A  ・ドヴォルザーク 交響曲第9番/ベルリン・フィル(72)(グラモフォン)     A  ・ドヴォルザーク スラヴ舞曲集/バイエルン放送響(73,74)(グラモフォン) SS  ・モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」/バイエルン放送響(80)(SONY) A  ・モーツァルト 交響曲第38番「プラハ」/バイエルン放送響(80)(SONY)  A ・モーツァルト 交響曲第40番/バイエルン放送響(80)(SONY)       A ・モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」/バイエルン放送響(80)(SONY)A  *モーツァルトの交響曲第40番と第41番「ジュピター」は同じCDです。   <東欧の音楽◎><モーツァルト○>
  ジュリーニ  1914〜2005  GIULINI  B  イタリア

 ジュリーニは、世界的な名声に比べて、特定のポストに就いていた期間が短く、晩年はフリー  としてウィーン・フィル、ベルリン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウなどに招かれて客  演指揮者として活躍しました。それゆえ、「孤高の大指揮者」「孤高の巨匠」と呼ばれました。  ジュリーニの言葉に、「私はスコアと共に生き、スコアは私の一部になる。その瞬間、私は作  曲家の召使となる。作曲家は天才で、私は何者でもない。」というものがあります。この、作  曲家至上主義というものはトスカニーニモントゥーと同じで、ジュリーニの場合もやはり、  作曲家、楽曲に対して愛情を持ち、演奏させて頂く喜びを感じることのできる指揮者でした。  なお、推薦盤にあるヴェルディの「椿姫」は、脂ののった時期の録音で、イタリア出身である  ジュリーニが、イタリアのミラノ・スカラ座管弦楽団を指揮して、イタリアの英雄、ヴェルデ  ィの作品を演奏したもので、ジュリーニの最高傑作の1つと言われています。  晩年、テンポが遅くなり、スケールはより大きくなっていきましたが、テンポを遅くすること  で緻密な表現が可能になりました。作曲者が楽譜に書き入れた音符のすべてが聴き手に伝わる  ように、という考えに基づいていると、本人は語っていたということです。  ジュリーニの音楽観が行き着いた最後の形なのでしょう。  
ベートーヴェン「交響曲第5番『運命』」
   ☆推薦盤☆  ・ヴェルディ 「椿姫」/ミラノ・スカラ座管弦楽団(55)(ワーナー)      A  ・ブルックナー 交響曲第8番/ウィーン・フィル(84)(グラモフォン)     A  ・ブルックナー 交響曲第9番/ウィーン・フィル(88)(グラモフォン)     A  ・ムソルグスキー 展覧会の絵/シカゴ交響楽団(76)(グラモフォン)      A  ・モーツァルト 「フィガロの結婚」/フィルハーモニア管弦楽団(59)(ワーナー)S   <テンポやや遅><かなり柔軟>
  ショルティ  1912〜1997  SOLTI  B  ハンガリー⇒ドイツ⇒イギリス

 イギリスという国では、依然社会的階層が根ざしておりまして、クラシック音楽や指揮者の地  位は他の国々に比べると驚くほど高いと言われています。例を挙げますと、バルビローリ、マ  リナー、ラトルらには、「Sir(サー)」の称号が与えられています。  ショルティはハンガリー生まれですが、夫人がイギリス出身であることと、イギリス音楽界へ  の功績を認められて、サーの称号を得ています。  なお、イギリスにはEMIやDECCA(デッカ)というメジャーレーベルがあったにも関わ  らず、未だに世界的な大指揮者と呼べるほどの人物は輩出していません。出世頭は間違いなく  ベルリン・フィルの音楽監督にまでなったラトルでしょう。ラトルが今後、更に存在感を増す  ことができるのでしょうか。  ショルティは、名盤も多く輩出していますが、それよりも、クラシック音楽界への功績という  点で大きく評価されてしかるべき指揮者に入ります。  最大の功績は何と言いましても、上演に4日、CDでは12、3枚はかかるという驚異の大作、  ワーグナーの「ニーベルングの指輪」の世界初全曲版録音を果たしたことです。  この録音にデッカとショルティは10年もの時間を費やした(当初はクナッパーツブッシュを  起用しましたが、途中で挫折してしまいました)のです。この録音はありがたいことにステレ  オ録音でもあり、今なお、この作品の断然のベスト演奏との評価を得ている、正真正銘の歴史  的名盤、歴史的録音です。  また、ショルティはオーケストラのトレーナーとしては「血も涙もない」と表現されるほど厳  しく、アメリカのシカゴ交響楽団を、世界最高レベルの技術集団へと鍛え上げました。  芸風は、どちらかというと現代風の没個性的なスタイルなのですが、「一糸乱れぬアンサンブ  ル」をモットーとし、小節の始めにはすべての音がピタリと合わないと気が済まない程の完璧  主義者でした。よって、ヨーロッパの伝統的な解釈が必要とされるロマン派の時代の音楽はあ  まり得意ではないのですが(ウィーン・フィルとのリハーサルの時、楽員が怒って帰ってしま  ったというエピソードもあります)、それ以降の現代音楽には、精密さと重厚さを兼ね備えた  見事なまでの手腕を発揮しています。 
バルトーク「管弦楽のための協奏曲」ショルティ&シカゴ交響楽団
 ☆推薦盤☆  ・エルガー 「威風堂々」第1番/ロンドン交響楽団(77)(デッカ)       A  ・バルトーク 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽/シカゴSO(89)(〃) A  ・マーラー 交響曲第5番/シカゴ交響楽団(70)(デッカ)           A  ・モーツァルト 「魔笛」/ウィーン・フィル(69)(デッカ)          A  ・ワーグナー 「ニーベルングの指輪」/〃(58、62、64、65)(デッカ) SS   <現代音楽○><やや鋭い>
  ブリュッヘン  1934〜2014  BRUGGEN  B  オランダ

 20世紀後半になって、古楽器による復古的演奏が盛んになってきたのですが、ブリュッヘン  はその中でも代表的な指揮者です。たまに現代楽器のオーケストラの指揮をすることもありま  したが、CDのレコーディングはすべて古楽器による演奏です。  ブリュッヘンは本来ブロックフレーテ(昔の縦笛フルート)の奏者でしたが(何と、奏者とし  て中学生の音楽の教科書に載っています)、それだけでは満足できず、指揮者になりました。  そして「18世紀オーケストラ」という少人数の古楽器グループを結成し、毎年一定期間だけ  演奏旅行に出かけ、その際にレコーディングをしました。  推薦盤を見て頂けばお分かりのように、交響曲の名曲がズラリと並んでいます。演奏の特徴は、  古楽器ながらスケールが大きく、重量感のあるところです。ガーディナーやアーノンクールの  ように、バロック音楽の演奏には力を注ぎません。よって、管弦楽曲等よりは、交響曲におい  てこれだけの名盤を残しています。特にモーツァルトの交響曲においては、現代楽器の演奏を  凌いで、同曲ベストの評価を得ているものもあります。  「古楽器の交響曲演奏なんて所詮」とお思いの方は、是非一度ブリュッヘンの演奏に耳を傾け  て頂ければと思うのです。  おそらく、古楽器演奏の歴史において、最も優れた指揮者の一人と評価されるのではないでし  ょうか。
ベートーヴェン「交響曲第3番『英雄』」全楽章
   ☆推薦盤☆  ・ハイドン 交響曲第94番「驚愕」/18世紀オーケストラ(92)(デッカ) S  ・ハイドン 交響曲第100番「軍隊」/     〃   (87)(デッカ) S  ・ハイドン 交響曲第101番「時計」/     〃   (87)(デッカ) S  ・ベートーヴェン 交響曲第2番/        〃   (88)(デッカ) A  ・ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」/    〃   (90)(デッカ) A  ・ベートーヴェン 交響曲第8番/        〃   (89)(デッカ) A  ・メンデルスゾーン 交響曲第3番/       〃   (12)(グロッサ)A  ・メンデルスゾーン 交響曲第4番/       〃   (09)(グロッサ)S  ・モーツァルト 交響曲第31番「パリ」/    〃   (85)(デッカ) A  ・モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」/  〃   (85)(デッカ) S  ・モーツァルト 交響曲第38番「プラハ」/   〃   (88)(デッカ) A  ・モーツァルト 交響曲第40番/        〃   (10)(グロッサ)A  ・モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」/ 〃 (10)(グロッサ)  A  *ハイドンの交響曲第94番と第101番、モーツァルトの交響曲第40番と第41番は 同じCDです。      <重厚><古楽器>
  ブーレーズ  1925〜2016  BOULEZ  B  フランス

 2016年に亡くなったブーレーズは、作曲家兼指揮者でした。若い頃は歯に衣着せぬ発言で  物議を醸したりということがありましたが、クリーヴランド管弦楽団を手に入れてからは、立  て続けに名盤を輩出した晩成型の指揮者です。  ドビュッシー、シェーンベルク、ストラヴィンスキーなど、比較的新しい作曲家の作品の再興  を目指しまして、特にドビュッシー、ストラヴィンスキーの90年代の録音においては、並ぶ  者がいないと言ってもいいほどの名演を残しました。  また、マーラーにも評価の高い名盤があります。  演奏スタイルはどちらかと言いますと音楽性で勝負するタイプですので、あまり深い意味を追  及しない指揮者のように思えます。よって、フランスの指揮者ということもあってか、同じフ  ランスのドビュッシーの作品においては、本質的な相性の良さを感じさせ、誠に色彩感豊かな  演奏となっています。
ストラヴィンスキー「春の祭典」より
    ☆推薦盤☆  ・ストラヴィンスキー 春の祭典/クリーヴランド管弦楽団(91)(グラモフォン) S   ・ストラヴィンスキー ペトルーシュカ/クリーヴランドO(91)(グラモフォン) S  ・ストラヴィンスキー 火の鳥/シカゴ交響楽団(92)(グラモフォン)      S  ・ドビュッシー 夜想曲/クリーヴランド管弦楽団(93)(グラモフォン)     S   ・ドビュッシー 交響詩「海」/クリーヴランドO(93)(グラモフォン)     S  ・ドビュッシー 牧神の午後の前奏曲/クリーヴランドO(91)(グラモフォン) SS   ・バルトーク 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽/シカゴSO(94)(〃) A  ・マーラー 交響曲「大地の歌」/ウィーン・フィル(99)(グラモフォン)    A ・ラヴェル ボレロ/ベルリン・フィル(93)(グラモフォン)          A  ・ラヴェル 「マ・メール・ロア」全曲/ベルリン・フィル(93)(グラモフォン) A   <色彩感><ドビュッシー◎><ストラヴィンスキー◎>
  リヒター  1926〜1981  RICHTER  B(バッハファンはS)  ドイツ

カール・リヒターは指揮者兼チェンバロ奏者で、一生をバッハの演奏活動に捧げました。現在  発売されているCDでバッハ以外にはヘンデルくらいしかありません。  そのかわり、リヒターが演奏するバッハはほぼすべてが超一級品と言ってよく、このサイトの  推薦盤紹介でもほぼすべてがトップの評価です。近年は、バッハの評価の高いCDは古楽器演  奏ばかりですので、現代楽器のリヒターの演奏は貴重です。  いくらバッハに限ったこととは言え、これは凄いことです。超スペシャリストです。  確かに録音年が古いものもありますが、ステレオ録音ということもありまして、音質は鑑賞に  全く差し支えないと私は思っています。  バッハのファンの方は、何がなんでもリヒターの名前を覚えておきたいです。「リヒター」と  なっているCDは、イコールそれが現代楽器の最高の演奏ということになるのです。
バッハ「ミサ曲『グローリア』」より
 ☆推薦盤☆  ・バッハ 管弦楽組曲/ミュンヘン・バッハ管弦楽団(60、61)(アルヒーフ) SS  ・バッハ ブランデンブルク協奏曲/ 〃 (67)(アルヒーフ)        SS  ・バッハ チェンバロ協奏曲第1番/ 〃 (71,72)(アルヒーフ)      A  ・バッハ 音楽の捧げ物/            (63)(アルヒーフ)    SS  ・バッハ オルガン作品集    /    (64〜78)(アルヒーフ)     A  ・バッハ カンタータ集(各種)/ 色々    (各年代)(アルヒーフ)     S  ・バッハ ミサ曲/ミュンヘン・バッハ管弦楽団(61)(アルヒーフ)      SS  ・バッハ ヨハネ受難曲/ミュンヘン・バッハ管弦楽団(64)(アルヒーフ)   SS  ・バッハ マタイ受難曲/ミュンヘン・バッハ管弦楽団(58)(アルヒーフ)   SS   <バッハ◎>


inserted by FC2 system